チャレンジタッチをやっている2年生娘の感想と口コミ

f:id:kyoikupapaman:20181002200725j:plain

みなさんこんにちは!最近タブレット教材流行っていますよね~、我が家も最近タブレット教材に興味を持ちました。今回はこの記事を呼んでいる人なら誰でもが聞いたことがある 「チャレンジタッチ」 タブレット教材の中で一番有名な教材なのではないでしょうか?今回は果たして有名な教材であるチャレンジタッチの評判はどうなのか?評判・口コミを合わせて、紹介していきたいと思います!

 1.チャレンジタッチの感想

(1)良い点
・楽しんでできる!!!
一番はこれだと思います。娘はタブレットが届くなり
タブレットだ~やった!!!』
と大喜びでした。中身も勉強というよりかは、ゲーム要素が強く、娘曰く勉強をしている感覚がないようです。
2.アプリコンテンツ
チャレンジタッチは勉強のコンテンツ以外にも様々なコンテンツを用意しています。例えばお楽しみアプリというものがあり、まあゲームみたいなもんです。娘はこのお楽しみアプリにものすごくはまっています。勉強要素があってゲームをしながら勉強が出来るいいコンテンツもあります。娘もこのためにタブレットを触っている感じがありますね(笑)まあ勉強のきっかけになればこちらとしてはうれしい限りです。

・隙間時間を有効活用できる
お母さま・お父さまでこのような経験はありませんか?
親『勉強やりなさーい』
子『今からやるつもりだった』
その後もずっとゲーム・・・!!!ふざけるなア!!!!!
子供を机に座らせてしっかりと勉強させるって大変ですよねえ・・・
それに比べてタブレットだと短い間で気軽にできるし、朝の登校前にサクっと数問だけ解いて学校に行くなんてことうちではよくあることです。こういったように少しの時間を有効活用できるのもタブレットの良さではないんでしょうか?

・問題をたくさん解くとプレゼントがもらえる
これ昔こどもちゃれんじにもありましたよね~親世代では懐かしい思い出ではないでしょうか?私も図書カードをゲットするために必死に勉強したなあ。懐かしい(笑)そんな感じで昔の私同様に娘もプレゼントを目当てに頑張っています。何か子供のモチベーションアップのものがあるといいですよね。子供って案外単純なので(笑)

・先生による採点
これも昔のことを思い出してしまいましたが、赤ペン先生って昔いましたよねえ。懐かしい(笑)赤ペン先生のメッセージを楽しみにしていた子供のころを思い出します。チャレンジタッチも課題に対して採点してくれるサービスがあります。こうやって生身の先生がちゃんと採点してくれるところも◎ですね。

・子供一人で学習ができる
娘には以前までドリルや紙教材をやらせていて、私が付きっきりで見ないと勉強が進みませんでした。結構子供に勉強を教えるってかなりの力がいるんですよね。。。しかし!チャレンジタッチであれば解説・答え合わせもタブレットが勝手にやってくれます!これはありがたい・・・解説も丁寧だし定着も図れるようでした。

(2)悪い点
・ボリュームが少ない・問題が簡単
一番に感じたのはボリュームの低さですね。
ベネッセコーポレーションさんは各教科10分を目安に、毎日取り組むことを推奨しています。娘は国語、算数の2科目なので1日20分間学習に取り組むことになるということですよね。しかしこれはベネッセが提示している時間であって子供によって解くスピードが異なります。娘が算数の問題をやっているところを見たのですが、自体サクサク解けてしまうため、10分かからないことが多かったです。算数が若干苦手である娘も、ほとんどの問題を3分程度で解き終わる問題が多々ありました。いやいやこれ問題の時間設定おかしいでしょうよ・・・と(笑)子供が本気で一日かけたら終わってしまう問題数だったのでかなりボリュームの点では不満です。問題のレベルも教科書の例題レベルが多いと思います。教科書の例題レベルであれば、苦手な子でもすぐ終わるのかなーという印象は受けました。



・データが残らない
これ。割とショックでしたね。私は元理系なのですが、算数において途中式が一番大事だと思います。どこで間違えたのか?どのような思考プロセスで間違えたのか?途中式を見ればわかりますよね。紙媒体であれば一生残りますが、チャレンジタッチの場合は、実際に解く問題しか見れないので、実際に娘が解いているときに、見ていないとどうして間違えたのか?が分かりません。この点については、かなり不便です

2.チャレンジタッチの口コミ

・良い口コミ

 

・悪い口コミ

いかがだったでしょうか?今回は娘が実際にやっているチャレンジタッチの感想を書かせていただきました。どの教材にも言えることですが、良い点・悪い点は必ず存在します。チャレンジタッチは一時在庫切れになった教材ですし、世間の人気も高いのでいい教材だと思います。では、失礼します。