リビング学習は効果はある?メリット・デメリットを紹介!

f:id:kyoikupapaman:20181005162610j:plain

最近流行りの『リビング学習』リビング学習は集中力が上がると最近よく聞きます。我が家では実際にリビング学習に切り替えて、集中力が格段と伸び、成績も飛躍的に向上しました。今回は、リビング学習のメリットを紹介し、リビング学習で注意しなければならない点も併せて紹介していきたいと思います

 1.リビング学習のデメリット

 (1)テーブルが汚くなる

当たり前のことですが、リビングで勉強をやる分テーブルが汚くなることがあります。特に片付けが苦手な子供は、かなりテーブルが汚くなる事でしょう。そのため、食事の準備に手間取ったりで、親子喧嘩が始まってしまうかもしれません。(はい。我が家です(笑))

(2)兄弟喧嘩が始まる

兄弟がいる家庭だと、喧嘩が起こるかもしれません。お互い集中している中で、

娘『お兄ちゃん、貧乏ゆすりやめてよ!』

兄『うるせえな、勉強集中しろよカス』

はい、これも我が家です(笑)リビング学習をもし検討しているのであれば、まず一人でリビング学習をさせた方がいいかもしれません。

これらを知ったうえで、配慮があればリビング学習は効果があるでしょう。次にリビング学習のメリットを紹介をしたいと思います。

 

2.リビング学習のメリット

(1)誘惑が少ない

自分の部屋で勉強をするとなると、まんが・ゲームなどの誘惑があり触れています。そのため、リビングだと誘惑するものがないため、勉強に集中出来ます。

(2)集中力がつく

なぜ集中力が付くか?理由は主に2つあると思います。1つ目に常に見守る人が居て、いい緊張感の中で勉強出来るということです。自分の部屋で勉強となると、自分との戦いです。誰も見ていないのでさぼろうと思えばいくらでもさぼれます。それに対して、リビングは誰かしら必ずいるので、いい緊張感の中で集中できるのです。

2つ目に、音の効果です。音??となった方もいると思います。実は人間は無音の環境では集中できないというデータが出ているのです。(個人差があります)それに対して集中出来る音とは、ちょうどリビングにいる時の生活音を聞いているときが一番集中できるようです。おそらく、毎日聞いている生活音を聞くと自然と体がリラックスでき、自然と集中できるんでしょうね。

(3)分からなかったすぐ聞ける

これも大きいですね。常に大人が近くにいることで、わからない問題がすぐに聞け、すぐ疑問が晴れるのはいいことです。

 

いかがだったでしょうか?今回はリビング学習について紹介させていただきました。子供が一番集中出来る環境を見つけるのも親の使命かもしれませんね。